一緒にプログラミングを始めよう JOI 入門講座 情報オリンピック対策講座を毎月開催中

(お知らせ) 講座で使用するプログラミング言語の変更について

2022年9月講座より、プログラミング言語として Python を使用します。9月中はC++を使用する講座も同時開講します(Bコース、Cコースのみ)。

プログラミングを始めよう

  • パズルを解いたり考えることが好き
  • 自分で新しいものを作ることが好き
  • 想像することが好き

このような項目に 1 つでも当てはまるあなたは、プログラミングを一緒に始めませんか?

プログラミングはざっくり言えば、コンピュータにうまく指示を与えて動かすパズルです。結果を想像しながら数種類の指示を様々に組み合わせることで、あなただけのアプリケーションソフトウェアを作ることができます。この講座に参加すれば、勉強時間やスケジュールを管理するソフトウェアなどを作れるようになります。そして何より、プログラミングの楽しさを知ることができます。

また、私たちの社会は情報化という大きな転機を迎えています。今プログラミングをマスターすれば、これからの時代を作る一員になることもできます。

情報オリンピック日本委員会では、中高生向けのプログラミングコンテスト 日本情報オリンピック (JOI) を開催しています。また、この大会に興味のある中高生を対象として、下記の通り JOI 入門講座 を実施しています。本講座では、プログラミングを 0 から丁寧に指導して、皆さんにその楽しさを体感してもらいます。ぜひ一緒にプログラミングの世界に飛び込みましょう!

よくある質問

パソコンの操作にあまり慣れていなくてもプログラミングはできますか?
できます。今回の講座ではプロ用の難しくて取っつきにくいソフトウェアなどは一切使わず、Web ブラウザ上でプログラミングを行います。安心して参加してください。
プログラミングは難しそうなイメージがあります・・・
今回の講座で扱う、コンピュータに与える指示の種類は多くても 10 種類で、決して難しくはありません。もしつまづいてしまっても、少人数グループ制なのですぐチューターに質問できます。
ボードゲームなどのパズルと比べてプログラミングは面白いですか?
もちろんです。普通のパズルとプログラミングの大きく違うところは、自分で組み立てた指示に沿って実際にコンピュータを動かせることです。思い通りに動いた時の達成感はプログラミングでしか味わえません。

講座内容

(お知らせ) 講座で使用するプログラミング言語の変更について

2022年9月講座より、プログラミング言語として Python を使用します。詳細は9月講座の申込開始時までに、本ウェブページでお知らせします。

2022年9月中は、従来のテキストを使用した C++ の講座も同時開講します(Bコース、Cコースのみ)。

概要

プログラミングや情報オリンピックに興味のある中高生を対象に、プログラミングを 0 から学ぶ講座「JOI 入門講座」を毎月実施しています。

少人数グループで実施します。各グループに 1 人ずつ学生チューターが割り当てられており、個別に指導を受けることができます。チューターによる解説の後、演習として実際にプログラミングに取り組みます。

講座は 3 つのコース (A コース、B コース、C コース) に分かれています。各コースは 1 回の受講で完結する内容です。講座は月に 2 回、土曜日または日曜日に開講しています。毎回、同じ内容で行っていますので、いつからでも始めることができます。参加者の都合やペースにあわせて受講してください。

参加申込時に受講コースを選択してください。プログラミング初心者には A コースをお勧めします。3 つのコース (A コース、B コース、C コース) を 1 回ずつ受講していただくことで、日本情報オリンピック予選で敢闘賞 (予選 B ランク) の表彰を受けられるレベルまでサポートします。

受講前にテキスト「Introduction to JOI」の内容を確認して自分自身の希望レベルにあっているか確認しておきましょう。テキストの PDF ファイルは本ウェブサイトからダウンロードできます。

  • A コース(テキスト 00 ~ 02 章):プログラミングの取り組み方の説明から始まり、変数や条件分岐を学習します。
    A コースはプログラミングが全くの未経験の方でも受講することができます。A コースの内容を理解するための予備知識として、中学校で学ぶ数学の一部 (正負の和・変数・一次関数など) を仮定します。本ウェブサイトの下記「JOI入門講座で扱う問題例」をパソコンを使わずに解けることを、A コース受講の目安とします。
  • B コース(テキスト 03 章):for 文を使ったループについて学習します。
    A コースを未受講の方は、テキストの 00 ~ 02 章を予習しておきましょう。01 ~ 02 章の章末問題 (類題) のうち半数程度を自分の力で解けるようになっていることを、B コース受講の目安とします。
  • C コース(テキスト 04 ~ 05 章):文字列や配列について学習します。
    A コースや B コースを未受講の方は、テキストの 00 ~ 03 章を予習しておきましょう。03 章の章末問題 (類題) のうち半数程度を自分の力で解けるようになっていることを、C コース受講の目安とします。

公式教材「Introduction to JOI」

本講座ではオリジナルの公式テキストを使用します。

希望者には製本したテキストを郵送します。希望者はチケット申し込みの際の事前アンケートにテキスト送付を「希望する」と記入して申し込んでください。 テキスト代・郵送料は当面は無料です。(製本したテキストには、現在はまだ公開されていない章 (06~15章) が含まれています。ただし JOI 入門講座では 06 章以降は扱いません。)

本ウェブサイトからテキストの PDF ファイルをダウンロード・印刷するか、または、製本されたテキストを手元に用意の上、講座に参加してください。

制作:北村祐稀
協力:情報オリンピック日本委員会、AtCoder 株式会社、チューターの皆さん、大阪府立大手前高等学校 競技プログラミング部

※ テキストは予告なく修正されることがあります。更新履歴はこちら

JOI入門講座で扱う問題例

ここでは、JOI 入門講座で扱う問題例を紹介します。まずは、次の問題をパソコンを使わずに解いてみましょう (JOI 入門講座では、この問題をパソコンを使わずに解けることを、A コース受講の目安とします)。

問題(第16回日本情報オリンピック 予選1改題)   JOI くんは電子レンジで肉を温めようとしています。肉は温度によって以下の状態に分類されます。

  • 温度が 0 ℃より低いときは、肉は完全に凍っている
  • 温度がちょうど 0 ℃のときは、凍っている状態と凍っていない状態の両方が混じっている
  • 温度が 0 ℃より高いときは、肉は凍っていない

加熱にかかる時間は、1 以上の整数 X, Y, Z を用いて以下の様に求められます。

  • 肉が完全に凍っているとき:X 秒で 1 ℃温まる
  • 肉の温度がちょうど 0 ℃のとき:Y 秒ですべて解凍される
  • 肉が凍っていないとき:Z 秒で 1 ℃温まる

例えば X=5, Y=10, Z=3 のとき

  • 35 ℃の肉を60℃まで温めるのに 75 秒かかる
  • -10 ℃の肉を20℃まで温めるのに 120 秒かかる

JOI くんが肉を A ℃から B ℃に温めるのにかかる秒数を考えます。ただし A < B です。

  1. X = 2, Y = 5, Z = 7 のとき,10 ℃の肉を 45 ℃まで温めるのにかかる時間は何秒ですか.
  2. X = 3, Y = 8, Z = 2 のとき,-5 ℃の肉を 30 ℃まで温めるのにかかる時間は何秒ですか.
  3. A > 0, B > 0 のとき,肉を解凍するのにかかる時間は文字を使ってどのような式で求められますか.
  4. A < 0, B > 0 のとき,肉を解凍するのにかかる時間は文字を使ってどのような式で求められますか.

(解答) (1) 245    (2) 83    (3) Z(B-A)    (4) -AX+Y+BZ

この問題のように、JOI 入門講座では現実の問題を数学的に言い換えたものを主に扱います。まずは問題の内容を正しく理解することが大切です。そして、問題をパソコンが解くようにプログラミングを行います。

プログラミングによって、皆さんが手で行った計算をパソコンに行わせることができるようになります。手作業ではできないような膨大な計算をパソコンに行わせることもできます。

講座の詳細

日時月に 2 回、土曜日または日曜日の 14:00 ~ 18:00 に開講予定です。開講日は月によって異なります。
方式Web 会議システム「Zoom」を用いたオンライン実施
参加者プログラミングに興味のある中高生 (人数は各回による)
参加費5,000円

参加者の声

2021 年 2 月に実施した女性限定の JOI 入門講座の事後アンケートで寄せられた感想を紹介します。

集合写真

分からなくてもすぐに教えて下さるので、とても楽しかったです。(高校生女子)

プログラミングへの興味が高まりました。(中学生女子)

教え方や教科書がとても分かりやすく、理解しやすかったです。(中学生女子)

気がついたときにはこれまで解けなかった問題もスムーズに解けるようになっていて楽しかったです。(高校生女子)

申し込み

参加資格

  • 講座実施時点で、高等学校・高等専門学校・中等教育学校・中学校等に在学しており、高等学校 2 年に相当する学年以下であること (小学生は不可)。
  • 保護者の方の受講許可があり、保護者の方にチケットを購入いただけること。
  • インターネットに接続されたパソコンを講座中利用できること。講座にはパソコン (webカメラ付きが望ましい) にインストールした Zoom アプリから参加してください。Web ブラウザ版 Zoom では講座に参加できませんので、Zoom アプリから参加してください。スマートフォン・タブレット・Chromebook では講座に参加できません。
  • チューターが受講生の様子を確認できるよう、講座実施中はカメラを ON にしてください。
  • チューターがコーディング中の様子を確認できるよう、講座実施中は Google Chrome の画面を共有してください。講座実施前にセキュリティソフトの設定を確認して、Zoom による画面共有を許可しておきましょう。
  • 以下の事項について承諾していただくこと
    • 特定非営利活動法人 情報オリンピック日本委員会は、申込時に提出いただいた参加者とその保護者の個人情報を、適切な管理のもとにJOI入門講座の実施のために利用することができるものとします。
    • 文部科学省および日本情報オリンピックの共催機関である国立研究開発法人 科学技術振興機構から、参加者へ情報提供の依頼があった場合、依頼に応じてこれらの機関からのお知らせを参加者へ通知することがあります。

申し込み方法

申し込みを行う前に以下の準備を行ってください。

  • Google Chrome をパソコンにインストールしてください。Google Chrome 以外のブラウザでは講座に参加できないことがあります。
  • Zoom のアプリをパソコンにインストールしてください。Zoom アプリは最新版に更新しておきましょう。Zoom アプリのバージョンが古い場合は講座に参加できないことがあります。
  • AtCoder のアカウントを作成してください。講座当日に使用しますので、ユーザ名とパスワードは大切に保管してください。

以上の準備が終わったら、イベント管理サービス「Peatix」のサイトからチケットを購入して参加申込をしてください。

 Peatix
(イベント管理サービス「Peatix」のサイトに遷移します)

お問い合わせ

JOI 入門講座に関するお問い合わせや、講座に関する連絡 (遅刻や欠席の連絡など) は info@ioi-jp.org までメールでお願いします。