日本情報オリンピック(JOI)  概要と実施記録

1.日本情報オリンピックとは

 日本情報オリンピック(Japanese Olympiad in Informatics, JOI)は、日本の高校生以下の生徒の中から情報科学的な能力の豊かな生徒を見出し、その才能の育成を助けるとともに、国際情報オリンピック(International Olympiad in Informatics, IOI)に日本代表選手として派遣するために、特定非営利活動法人 情報オリンピック日本委員会(略称:IOI日本委員会)が主催している事業です。

2.日本情報オリンピック 実施記録

 現在のIOI日本委員会の前身は、(財)数学オリンピック財団の協力の下に1993年に設立されたIOI日本委員会です。同委員会は1994年から1997年までの4年間、IOI国内予選(JOI)を開催し、1996年までの3年間に延べ6名の選手をIOIへ派遣し、金メダル1、銀メダル2、銅メダル1を獲得しましたが、バブル崩壊の影響で1997年以降休止状態にありましたが、2005年から独立行政法人科学技術振興機構の助成を受けて活動を再開しました。

  年  度 応募者 参加者 本選招待者 本選Aランク ( )内は女性
第16回 2016-2017年 1306 (93) 1052 (78) 87 (3) 14 (0)
第15回 2015-2016年 1136 (100) 998 (92) 78 (2) 20 (0)
第14回 2014-2015年 1243 (110) 1121 (93) 80 (1) 19 (0)
第13回 2013-2014年 1103 (91) 998 (87) 78 (1) 20 (0)
第12回 2012-2013年 941 (81) 857 (74) 61 (1) 20 (0)
第11回 2011-2012年 829 (98) 729 (88) 61 (1) 22 (0)
第10回 2010-2011年 831 (87) 714 (79) 61 (0) 18 (0)
第9回 2009-2010年 614 (60) 531 (52) 61 (0) 16 (0)
第8回 2008-2009年 466 (44) 415 (35) 50 (0) 16 (0)
第7回 2007-2008年 377 (?) 334 (?) 49 (1) 16 (0)
第6回 2006-2007年 192 (?) 150 (?) 36 (0) 13 (0)
第5回 2005-2006年 161 (?) 59 (?) 33 (0) 8 (0)
第1回〜第4回 1994年〜1997年 [非公式サイト(参考)]          

※第14回応募者数を1244(111)より1243(110)へ訂正しました(2015.1.15)

※第16回参加者数を1252(78)より1052(78)に、本選招待者数を87(2)より87(3)へ訂正しました(2017.1.19)

3.参加者数

都道府県別 参加申込者数 第6回より第12回 (PDF240KB)

4.過去の問題とその解答・解説

こちら⇒問題と解答・解説