JOI logo

小中高生向け国際情報科学コンテスト 『ビーバーチャレンジ 2018』 参加校募集

2018年8月9日
情報オリンピック日本委員会

figure:bebras  情報オリンピック日本委員会は, 国際情報オリンピック (IOI) へ派遣する日本代表選手を選抜する国内大会である「日本情報オリンピック (JOI)」の開催を中心に, 数理情報科学教育の普及・啓発のための諸事業を行なっています。 JOI (IOI) は中等教育段階の生徒・学生を対象とした, 数理情報科学の問題解決力を実装したプログラムの性能で競うコンテストです。 詳細は情報オリンピック日本委員会公式サイトをご覧下さい。

情報オリンピック日本委員会ジュニア部会では, ジュニア(主として小中学生)向けのイベントの開催やウェブコンテンツの開発・公表などを行なっています。

 その一環として, 2010年より, 数理情報科学教育の裾野を広げる目的から, 中高生及び小学生を対象としたジュニア向けの国情報科学コンテスト「ビーバーコンテスト (Bebras Contest) 」を日本でも開催しています。 このコンテストは, 欧州を中心に普及が進んでいるコンピュータ科学と Computational Thinking に関する子ども向けのコンテストです。 Bebras は, リトアニア語で「ビーバー」のことです。 今では,「ビーバーチャレンジ (Bebras Challenge "Bebras -- International Challenge on Informatics and Computational Thinking")」という名称となっています。

 概 要

【大会名称】
日本情報オリンピックジュニア大会
国際情報科学コンテスト「ビーバーチャレンジ 2018」
【主催】
特定非営利活動法人 情報オリンピック日本委員会
【後援】
文部科学省
【目的】
【参加単位】
【対象学年】
【実施期間】
【実施方法】
【コンテスト時間】
【参加者の登録情報】
【問題】
【コンテスト結果の公表および利用】
【参加証】
【参加費】
【お申し込み】
【申し込み締め切り】
【実施に関する手順】
【ビーバーチャレンジに関するお問い合せ先】
情報オリンピック日本委員会 お問い合せ先
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-6-3 筑波ビル 2B
特定非営利活動法人 情報オリンピック日本委員会
TEL: 03-5272-9794(平日 午前10時~午後5時)  FAX: 03-6736-0510
Email : mail