情報オリンピックとは

1.国際情報オリンピック

 現在日本からは、高校生以下の生徒を対象とする次の7つの国際科学オリンピックに代表生徒が参加しています。

 これらの7つの科学オリンピックの国内予選および国際大会派遣等の事業は「国際科学技術コンテスト」として国立研究開発法人 科学技術振興機構から支援を受けています。また、2007年に数学・物理・化学・情報・生物の各国際科学オリンピックの意義や役割について理解と関心を持ってもらうことを目的に、ノーベル物理学賞受賞者の江崎玲於奈氏を会長とする「日本科学オリンピック推進委員会」が設立されました。

 国際情報オリンピック(International Olympiad in Informatics, IOI)は1989年にブルガリアで第1回が開催されて以来、2008年のエジプト大会で20回を数えます。
 IOIの目的は、IOIの規約に

The main objectives to be accomplished by the IOI are:

と謳われているように、高校生までの生徒を対象として、数理情報科学の問題解決能力をもつ生徒を見出し、その能力の育成を助け、また、各国の選手・教育者同士の国際交流を図ることにあります。
 スポーツオリンピックと同様に、立候補した国の中から投票で開催国が選ばれます。
 毎年約70〜80ヶ国が参加し、各国は選手を4人まで出すことができます。

 競技は個人選で、1日5時間で3問または4問を解くことを計2日行ないます。
 与えられた問題を解くためにアルゴリズムを考え、それに基づいてプログラムを書き、実際にコンピュータ上で実行させて出力した結果の正しさを競います(プログラムを書かない問題が出題されることも、アルゴリズムの効率の良し悪しにより相対的に評価される問題が出題されることもあります)。使用メモリ量および実行時間に厳しい制限があり、思いつくままに書いたプログラムでは時間内に答が出ないような問題がほとんどであり、良いアルゴリズムを設計するための高い数理的能力がプログラミング技能以上に求められています。 実際、 IOIの規約では「Informatics (情報学)」のスコープが次のように定められています:

In the scope of the IOI, the concept "Informatics" means the domain that is also known as computer science, computing science and information technology, but not the domain computer engineering.

 使用できるプログラミング言語は、2005年度までは C/C++, Pascal だけでした(それ以前は、BASIC や Logo が使えた時期もありました)。2006年度からは C/C++, Java だけになることが決まっていましたが、2006年以降も結局、C/C++, Pascal だけです。

過去の開催国と将来の開催予定国

回数 年 度 開 催 国 都   市 参加国 参加選手 日 本 の 参 加
1 1989.5.16-19 ブルガリア プラベツ (Pravetz) 13    
2 1990.7.15-21 ベラルーシ(ソ連) ミンスク (Minsk) 25    
3 1991.5.19-25 ギリシャ アテネ (Athens) 26    
4 1992.7.11-21ドイツボン (Bonn) 51    
5 1993.10.16-25アルゼンチン メンドーサ (Mendoza) 43   オブザーバー派遣
6 1994.7.3-10 スウェーデン ハニンゲ (Haninge) 49   選手2名派遣。銀メダル2
7 1995.6.26-7.3オランダ アイントホーヘン (Eindhoven) 51   選手2名派遣。金メダル1、銅メダル1
8 1996.7.25-8.2ハンガリー ヴェツプレム (Veszprem) 57   選手2名派遣
9 1997.11.30-12.7南アフリカ ケープタウン (Cape Town) 63    
10 1998.9.5-12ポルトガル セツバル (Setubal) 68    
11 1999.10.9-16トルコ アンタリヤベレク (Antalya-Belek) 65    
12 2000.9.23-30中国北京 (Beijing) 72    
13 2001.7.14-21フィンランド タンペール (Tampere) 74 272  
14 2002.8.18-25韓国ヨンイン (Yong-In) 78? 276  
15 2003.8.16-23アメリカ ケノーシャ (Kenosha) 69    
16 2004.9.11-18ギリシャアテネ (Athens) 81    
17 2005.8.18-25 ポーランド ノヴィソンチ (Nowy Sanz) 72 276 オブザーバー派遣
18 2006.8.13-20メキシコ メリダ (Merida) 76 284 選手4名派遣。金メダル2、銅メダル1
19 2007.8.15-22クロアチア ザグレブ (Zagreb) 77 285 選手4名派遣。金メダル1、銀メダル1、銅メダル1
20 2008.8.16-23エジプト カイロ (Cairo) 73 283 選手4名派遣。金メダル1、銀メダル1、銅メダル2
21 2009.8.8-8.15ブルガリア プロヴディフ (Plovdiv) 80 301 選手4名派遣。金メダル2、銀メダル1、銅メダル1
22 2010.8.14-8.21カナダ ウォータールー (Waterloo) 80 300 選手4名派遣。金メダル2、銀メダル2
23 2011.7.22-7.29タイ パタヤ (Pattaya) 78 302 選手4名派遣。金メダル1、銀メダル3
24 2012.9.22-9.29イタリア シルミオーネ (Sirmione) 81 310 選手4名派遣。金メダル1、銀メダル3
25 2013.7.6-7.13オーストラリア ブリスベン(Brisbane) 78 302 選手4名派遣。金メダル1、銀メダル2
26 2014.7.13-7.20台湾 台北(Taipei) 81 311 選手4名派遣。金メダル1、銀メダル2、銅メダル1
27 2015カザフスタン



28 2016ロシア



29 2017イラン



30 2018日本



2010年 IOI カナダ大会参加(選手派遣)国
 Albania, Argentina, Armenia, Australia, Austria, Azerbaijan, Bangladesh, Belarus, Belgium, Bosnia and Herzegovina, Brazil, Bulgaria, Canada, China, Colombia, Croatia, Cuba, Cyprus, Czech Republic, Denmark, Egypt, Estonia, Finland, France, Georgia, Germany, Ghana, Greece, Hong Kong, Hungary, India, Indonesia, Iran, Ireland, Israel, Italy, Japan, Kazakhstan, Korea, Kuwait, Latvia, Libya, Lithuania, Luxembourg, Macao, Macedonia, Madagascar, Mexico, Moldova, Mongolia, Netherlands, New Zealand, Nigeria, Poland, Portugal, Romania, Russia, Saudi Arabia, Serbia, Singapore, Slovakia, Slovenia, South Africa, Spain, Sri Lanka, Sweden, Switzerland, Syria, Taiwan, Tajikistan, Thailand, Trinidad and Tobago, Turkey, Turkmenistan, Ukraine, United Arab Emirates, United Kingdom, USA, Venezuela, Vietnam.

2011年 IOI タイ大会(リンク)

IOI flag  (IOIのフラッグ)


2.日本情報オリンピック

 日本情報オリンピック(Japanese Olympiad in Informatics, JOI)は、日本の高校生以下の生徒の中から情報科学的な能力の豊かな生徒を見出し、その才能の育成を助けるとともに、国際情報オリンピックに日本代表選手として派遣するために、特定非営利活動法人 情報オリンピック日本委員会(略称:IOI日本委員会)が主催している事業です。活動母体であるIOI日本委員会は、この事業を軸としつつ、それにとどまらず、数理情報科学に関する調査、研究、普及、啓発活動を行ない、日本の将来にとって必要不可欠である情報産業を支える人材養成に寄与する活動を行なっています。
 現在のIOI日本委員会の前身は、(財)数学オリンピック財団の協力の下に1993年に設立されたIOI日本委員会です。同委員会は1994年から1997年までの4年間、IOI国内予選(JOI)を開催し、1996年までの3年間に延べ6名の選手をIOIへ派遣し、金メダル1、銀メダル2、銅メダル1を獲得しましたが、バブル崩壊の影響で1997年以降休止状態にありましたが、2005年から独立行政法人科学技術振興機構(現在は国立研究開発法人)の支援を受けて活動を再開しました。


3.参考資料

(a)日本情報オリンピックの選抜方式
 詳細は 実施記録 をご覧下さい。

(b)選抜競技に使った問題

 日本情報オリンピック(JOI)および国際情報オリンピック(IOI)の過去問については ここ をご覧下さい。

(c)情報オリンピック日本委員会の概要

種  別  特定非営利活動法人
住  所  〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1−6−3 筑波ビル2B 
電  話 03-5272-9794
F A X 03-6736-0510
ウェブサイト https://www.ioi-jp.org/